TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- 2012 WOWOW

Asia, Japanese. June 22, 2012 by ranikid.


Here's a live concert, performance by TM NETWORK CONCERT

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- 2012 WOWOW
Quality: TV (mp4)
Genre: Rock

(WOWOW) TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (12.06.17_OA)

小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登という個性あふれる3人によるユニット、TM NETWORK。彼らは1984年4月にデビューし、「Get Wild」「SEVEN DAYS WAR」など、多くのヒット曲を生み、90年代以降のJ-POPの大きな礎を築いてきた。3月20日に行われた震災復興チャリティ・イベント「ALL THAT LOVE -give & give-」(ほかに、米米CLUB、PRINCESS PRINCESSが出演)で4年振りのステージを披露したが、4月24日・25日に日本武道館単独ライブ2Daysを開催した。

開演時間となり、ステージ全体をスッポリと覆うベールに映像が映し出されると、その時点で既に彼らの世界にオーディエンスたちはドップリとはまり込んでいく。ベールが落ち、紫、赤、青のスーツ姿で小室、宇都宮、木根が姿を現すと歓声、どよめき、そして力強い拍手が彼らを迎えた。「We love the Earth」でスタートしたステージは前半から「SEVEN DAYS WAR」や彼らの代表的ダンスチューン「Come on Let’s Dance」と「COME ON EVERYBODY」をミックスさせた「Come on Let’s Everybody」で会場の熱気をどんどん上昇させていった。

中盤になり、宇都宮が「2012年、3人がここに立てて、こんなにもたくさんの人が来てくれて幸せです。そして、この曲が生まれたということは必然でしょう」と語り、25日にリリースされた5年振りとなるニューシングル「I am」を披露した。人と人との繋がりやポジティブなメッセージが込められたこの曲は、まさに今の日本に必要な歌だ。

後半は「28年の間に地球上では紛争、自然災害、事件、あらゆる困難が起きてきましたが、そのたびにそれぞれみんなが勇気を持ちました。この先、起きるであろう困難に勝利していくために必要なものは自分たちを信じること。たったひとつの心の勝利でいい」という言葉と共に歌い始めた「JUST ONE VICTORY」で始まり、ド派手な特効も含めて大きなインパクトを与えてくれた「Get Wild」、ターンするパフォーマンスでも盛り上げる「Be Together」、壮大なアレンジの「Self Control(方舟に曵かれて)」などの代表曲をたたみ掛け、「TIMEMACHINE」でステージを締めくくった。

今回の公演は「TM NETWORKデビュー30周年となる2014年より、2年間(730日)という時間を“タイムマシン”によって巻き戻して実行される」というコンセプトがあり、オープニングからエンディングまで一貫したエンターテイメントショーとして観客を魅了してくれた。見終わって感じたのは、“懐かしさ”を楽しむための再結成ではなく、攻めの姿勢で臨んだライブだったということ。再始動した3人が、この先の未来でどんな試みで私たちを驚かせ、楽しませてくれるのかが楽しみだ。

WOWOWでは、日本武道館2Daysの2日目(4月25日)の公演の模様を6月17日(日)に独占放送する。放送を通じて、彼らの熱くリアルなステージを体感してもらいたい。
(文:田中隆信)

Size: 3.52Gb (mp4)
Filename: 220612-TMN-IncubationPeriod-2012-wowow

Download File

Here you can download files online. Unlimited access to all sources file with one click direct download link!
Share
  • Featured link
  • [22-06-2012]

Comment